wimax端末が故障した際に重宝する補償制度

af3c3936413d3ea1126cf02bd47136dd_s

もしものときでも安心な補償を

wimax/wimax2+によるサービスを提供するUQコミュニケーションズでは、UQエンタメマーケットにてwimax端末についての補償制度をスタートさせました。
端末あんしん補償は月額500円(税別)の補償サービスですので、端末補償が気になるという方は是非チェックしてみてください。
wimax2+モバイルルーターの2年契約の場合、メーカー保証は1年となっていますし、補償の対象は自然故障のみとなっています。
一方で端末あんしん補償であれば、自然保障以外にも、水漏れや物損といった問題が起きたとしても修理代金(見舞金)を受け取ることができます。

端末あんしん補償の修理代金について

修理代金として受け取ることになる見舞金ですが、契約1年目で自然故障が起こった場合はメーカー保証金額と同等の額が見舞金として支払われます。
また水漏れと物損に関しては最大2万円となります。
2年目からは自然故障・水漏れ・物損においてすべて最大3万円の見舞金を受け取ることができます。

この見舞金を受け取るためには、auショップ修理申込み・書類手続きも必要となりますのであらかじめご了承ください。

オプションのため選ぶのは自己判断

端末あんしん補償のようなオプションは自分の意思で利用するかしないかを決めることとなります。
当たり前ですが、補償プランに加入したからと言って、wimaxの端末を利用していく中でその補償プランを必ず利用するとは限りません。
ですがもしトラブルが起きたときに、この補償があるのとないのとでは自己負担も変わってくることになるでしょう。
月額500円(税別)という金額をどう見るかによっても、利用するしないというのは変わってくるかもしれません。
もし興味がある方は、端末あんしん補償の内容について詳しく尋ねてみるのもいいでしょう。
そうすることで加入してみようという意思が固まってくることもあるかもしれません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ