自作パラボラアンテナってどうなの?

2f7e81c47bca7d3f94fb668c27e56e78_s

屋内でもサクサク使いたい!

屋内ではどうしてもwimaxの電波が弱くなってしまいます。
そのため、思っていたより使えない!などと不満を感じる方がいるのも事実です。

家でも外でもどこでもサクサク使えるはずではなかったの?!と思うのも当然でしょう。
しかし、実際のところ、屋内では繋がりにくいというのはよく知られている情報であり、その点も納得したうえで自宅の固定回線にwimaxを選ぶ人もいます。

自作パラボナアンテナで速度があがる?!

屋内では繋がりにくいという事を納得していた場合も、まったく知らなかった場合も、できれば電波をよくしたい!と思うのは当然です。

そんな中、wimaxユーザーが、なんとパラボナアンテナを手作りして通信速度をアップすることに成功したというニュースが話題になりました。
パラボナアンテナを手作りするなんて、かなり科学に詳しい人に違いない・・・そう思うかもしれませんね。
しかし、実際は誰でも簡単に作れるものであり、試しに作ってみたら本当に電波がよくなったという方が沢山いるのです。
では、どのようにしてパラボナアンテナを作れるのかをご説明しましょう。

パラボなアンテナ作りに挑戦!

使うものは20センチ程度のスチール製のボウルと両面テープ、そしてwimaxを支えるためのフック、アルミ製のまな板起きです。
まず、まな板置きにボウルを立てて乗せます。
うまく乗るようにまな板置きの角度を調節してみましょう。
続いて、wimaxを置きやすいようにフックの角度を調整してボウルに両面テープで貼り付けます。
あとはwimaxを乗せるだけです。

たったのこれだけでパラボナアンテナが完成するのですから驚きですね。

感激いっぱいの手作りアンテナ

これらはすべて100円ショップなどで購入できるため、費用もかなり抑えることができます。
自作のパラボナアンテナを作り、本当に速度アップが実現したのなら、感激もひとしおといったところでしょう。
今現在、不満がある方はぜひお試しください!、

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ