ノマドワーカー

労働形態も多様化していますが、なかでもノマドという形態は人気があるようです。
元々、英語で「遊牧民」という意味を持っている言葉ですが、要するに働く場所を選ばない労働スタイルと言えます。
これはインターネットを駆使することで成り立つものです。
とりわけ、固定回線から解放されて、無線高速通信が発達した事で可能となったと言っても言い過ぎではありません。
これにより、仕事はカフェでコーヒーをすすりながら…
なんていう理想的な労働スタイルが成り立つわけです。
満員電車に揺られて通勤をしている人から見ると羨ましいですよね。
ただこうした特権が享受できるのはごくわずかです。
多くのサラリーマンはやはりオフィスに出勤という従来のスタイルでの勤務のままでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ