話題のキャリアアグリゲーションとは?

44f9b4325a70ce37f79454fb6040683b_s
キャリアアグリケーションとは?

度々テレビCMでも宣伝されている「キャリアアグリケーション」。
パッと聞いただけではそれが一体どういったものなのか、想像をするのは難しいことかもしれません。
今では私たちの生活で欠かせないスマートフォン、このスマートフォンを利用する上で必要不可欠なのが通信環境です。
その時に利用されているのが無線通信です。
しかし、無線通信は有線通信に比べて通信速度が遅いのが難点と言われています。
そんな欠点である通信速度の高速化を実現させたのが、今注目を集めている「キャリアアグリケーション」なのです。

身近なキャリアアグリケーション

実は私たちは、知らない間にもキャリアアグリケーションを利用しています。
LTE・4Gという用語・・・テレビCMなどで何度も耳にしていることでしょう。
実は、キャリアアグリケーションはこのLTEに導入されている通信方式なのです。

スマートフォンの電波が表示されている横に「4G」と書いてあるのは、まさにこのキャリアアグリケーションを使った通信が行われているということになります。
3Gと4Gとでは、圧倒的に4Gの方が通信速度が速く、どちらも利用したことがある方ならそのスピードの違いは充分に理解されていることでしょう。
日ごろから、私たちもこの高速通信を実感しているのです。

キャリアアグリケーションの仕組み

ではなぜキャリアアグリケーションを導入しているLTEは通信速度が速いのか、気になる方も多いかもしれませんので、簡単にご説明しましょう。
キャリアアグリケーションは、それぞれ周波数帯の異なる電波を使い、それを一つの通信回線として利用します。

そうすると、それぞれの電波に通信データを分けるため、通信速度を落とすことなくスムーズに通信を行うことが可能になるのです。

この手法を用いたことで、安定した速度で、快適に無線でのインターネット通信ができるようになりました。
キャリアアグリケーションのメリットは、いずれかの電波に通信障害が発生しても、残った電波で通信が出来ることです。
さらに、周波数帯のある電波を同時に使えば、通信速度を挙げることもできるというように、非常に自由の効くシステムです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ