アルミホイルで速度アップ

0d630b07e288d8eee11f922a8586513a_s

自宅だとwimaxが繋がりにくいという困った事態

『wimaxは自宅の固定回線としても、外出先でも便利に使えるものだ!』
・・・これが、wimaxについて多くの方が持っている知識ではないでしょうか。

ところが、利用可能エリアにありながらも、wimaxが自宅だと繋がりにくいという状況に悩まされている方もいるようです。
それは建物の外に障害物が多いというような、周辺環境に問題があるからかもしれませんが、どんな理由にしろ、自宅でも快適に使えることを予想して購入に踏み切った方にとっては、かなりショックな事態だと言えるでしょう。

しかし、一度契約してしまった以上は簡単に解約することはできません。
何しろ解約違約金が発生するという怖い問題が待っているのですから。

意外な方法で速度アップ?!

そうなると、すでに契約してしまったwimaxをどうやって速度アップさせるかという方向で考えていくしかなさそうです。
そんな方法あるわけない!と検討することさえ辞めてしまう方もいるかもしれませんが、実は意外な方法で簡単に速度アップが実現する可能性があるのです!

意外な方法・・・それは、アルミホイルを使うことです!
ルーターをアルミホイルで包み、それを窓際に置くという実にアナログな方法で、なんと速度がアップするのです。

こんなに簡単な方法で速度が上がるなんて信じられないと思うかもしれません。
しかし、アルミホイルはどのご家庭にもある品物ですからお金も時間もかかりませんから、一度試してみる価値はあるでしょう。

ダメならUQに要望を送ろう!

もしアルミホイルで包んで試してみても、速度が上がったことを実感できないのであれば、UQの公式サイトにあるエリア拡大のアンケートを送りましょう!
このアンケートは、繋がりにくい住所を記入して送信することができるのです。
具体的な番地まで入力できるため、ピンポイントで『ここは繋がりにくいよ!』というアピールができます。

どの程度待てば改善されるのかは定かではありませんが、こちらもアルミホイル同様にお金も時間もかからない方法ですので試してみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ