wimaxキャンペーンの現状

ネット定額で使い放題なのが人気のWiMAX。

WiMAXに関しては現在、様々なプロバイダがキャンペーンをしています。

20,000円以上の高額キャッシュバックをはじめ、タブレット端末のプレゼント、ipad miniを月額1円でレンタルなど
プロバイダのキャンペーンは本当に多種多様です。

キャッシュバックキャンペーンというのは、要するに実質値引きの事です。

お金を一度にもらえるのは嬉しいですが、月額料金に慣らせば、値引き額が分かります。

タブレットのプレゼントやipad miniのレンタルは、割引分を現金で還元しないで、タブレット代、ipad miniのレンタル代に充てているという事ですね。

現在行われているwimaxのキャンペーンについては↓をチェックしてみてください。

jkos

 

WiMAXキャンペーン選びで知っておくべき3つの事実

日本の通信会社のプランは、どこも複雑ですね。
WiMAXもご多分にもれず様々な要素があり少々複雑。
一つ一つクリアすれば、すぐ理解できます。
キャンペーン選びで損しない為にしっかり知識を身につけておきましょう。

1、WiMAXには3つの通信速度があるという事実

WiMAXの最大のライバルは、ワイモバイルが展開するLTEです。
今まで、WiMAXとLTEは熾烈な通信速度競争をしてきました。

2015年1月の現状は以下です。

通信方式 速度(下り) キャリアアグリゲーション
WiMAX WiMAX2+ 110Mbps
WiMAX  13.3Mbps
220Mbps
LTE 110Mbps 165Mbps

速度でLTEに圧勝しているのが分かりますね。
(キャリアアグリゲーションについては後で解説します)

WiMAXの通信方式は、通常のWiMAXとWiMAX2+の2つあります。

WiMAX2+は110Mbpsと超高速ですが、対応エリアが通常のWiMAXと比べてやや狭いのがネックなんです。
その為、WiMAXのモバイルルーターはたいてい対応エリアが広いWiMAXと狭いけど高速なWiMAX2+、どちらも使えます。

キャリアアグリゲーションって?

キャリアアグリゲーションとは、複数の電波帯を同時に使って高速化を図る新技術。
これによって、WiMAX2+は、220MbpsとLTEと45Mbpsもの差をつけています。
ただし、全てのモバイルルーターで使えるわけではありません。

↓現在キャリアアグリゲーション220Mbps対応なのは以下の2機種。

wx01_2_597x392
↑Speed Wi-Fi NEXT wx01

w01_2_597x392-300x197
↑Speed Wi-Fi NEXT w01

まとめると、

WiMAX=エリア広いけど遅い
WiMAX2+=速いけど、エリア狭い
キャリアアグリゲーション=更に高速だが、一部のモバイルルーターのみ対応
となります。

2、各プロバイダの使う回線はすべてUQ WiMAXという事実

imagesWiMAXの回線そのものは、すべてUQ WiMAXが提供しています。

様々なプロバイダがキャンペーンを行っていますが元は全部、UQ WiMAXなんです。

GMOもビッグローブもニフティもUQ WiMAXの回線を使っています。

では、なぜ、それぞれのプロバイダで料金の違いが出てくるのか?
その理由は2つあります。

1、プロバイダ側で利益分を削って安くしている
プロバイダは様々なキャンペーンを行って顧客争奪戦を行っています。
実はUQ WiMAXと直に契約する事もできるのですが、デフォルト料金なのでおすすめできません。
多くのプロバイダがこのデフォルト料金から大幅値引きを行っています。

2、プロバイダによってイチオシしてるモバイルルーターが違う

モバイルルーターの機種によって、対応できるWiMAX回線が違います。
これについては後述しますが、モバイルルーターによって使える回線が違うので、当然、料金も変わってきます。

3、モバイルルーターによって使える回線が違うという事実

WiMAXはモバイルルータによって使える回線が違います。
プロバイダがキャンペーンによく採用しているモバイルルーターは以下です。

機種名 対応回線 メーカー 重さ、サイズ(約)
Speed Wi-Fi NEXT WX01
●WiMAX2+
キャリアアグリゲーション
220Mbps
●WiMAX
13.3Mbps
NEC 97g
109×66×9mm
Speed Wi-Fi NEXT W01
w01_2_597x392-300x197
●WiMAX2+
キャリアアグリゲーション
220Mbps
●LTE
110Mbps
ファーウェイ・ジャパン 113g
120×59×10mm
 Wi-Fi WALKER
WiMAX 2+ HWD15
 ●WiMAX2+
110Mbps
●WiMAX
13.3Mbps
●LTE
110Mbps
ファーウェイ・ジャパン 140g
104×64×14.9mm
 Wi-Fi WALKER
WiMAX 2+ NAD11
kiki_p021-300x254
 ●WiMAX2+
110Mbps
●WiMAX
13.3Mbps
NEC  81g
109×65×8.2mm
 AtermWM3800R
(白)WM3800R_597×392
 ●WiMAX
13.3Mbps
NEC  約80g
約89.6×52×12.8mm

この表で注目すべき点は、2点あります。

まず、キャリアアグリゲーション対応か、否かです。
キャリアアグリゲーション対応だと2倍(220Mbps)の速度が出ますし、メリット以外ありません。
これから契約するとしたらキャリアアグリゲーション対応機種一択でしょう。

次に、WiMAX2+がカバーしきれない場所での通信をどうするかです。
WiMAX2+は現状最速のモバイル通信ですが、まだカバーできていない場所もあります。
(もちろん猛スピードでカバー範囲は広がっています)
WiMAX2+の補助の為に、他の回線が必要になります。

●WiMAX2+の補助回線にWiMAXを選ぶ場合
WiMAXの場合、以前は40Mbpsでしたが、ここ最近リソースをWiMAX2+に集中させるため
13.3Mbpsという速度になっています。
この速度は、3G回線と同じか少し速いくらいです。
最新機種のSpeed Wi-Fi NEXT WX01が対応しています。

補助にWiMAXを選ぶメリットは、追加料金が一切かからない事です。

●WiMAX2+の補助回線にLTEを選ぶ場合
WiMAX2+とLTEが使えるモバイルルーターが
Speed Wi-Fi NEXT W01です。
w01_2_597x392-300x197

WiMAX2+が220Mbps、それが繋がらない場所では、
LTEの110Mbpsで接続可能です。
ただし、LTEを使った月だけ、LTEオプション利用料金1000円がかかります。

このモバイルルーターは通常のWiMAX回線を思い切って捨てて、WiMAX2+とLTEのみです。

WiMAXキャンペーンを徹底比較する!(2015最新版)

rank1_aGMO WiMAX
月額使い放題で業界最安値のキャンペーン
大手GMOが展開するWiMAX2+のキャンペーン。
キャリアアグリゲーション220Mbpsで最速。
月額3,609円~。更に33,390円のキャッシュバックがあり最強。
実質2956円で業界最安値です。初期費用や端末代も一切かからないのも嬉しいですね。
専用のクレードルも無料でついてくる最安のプロバイダです。

GMOとくとくBB WiMAX2+公式サイト

↑GMOの公式サイトを見ると、3つルーターがあって迷う方もいると思います。

それぞれのモバイルルーターがどんな方におすすめか解説しておきましょう。

【Speed Wi-Fi NEXT WX01
WiMAX2+キャリアアグリゲーション対応。
220Mbps最高速を誇ります。
WiMAX2+と通常のWiMAXに対応しています。
通常のWiMAXは13.3Mbpsですが、実用には問題ない速度。
安心の日本製です。
index【Speed Wi-Fi NEXT W01
WiMAX2+キャリアアグリゲーション対応。
220Mbps最高速を誇ります。
WiMAX2+とLTEに対応していますが、WiMAXに対応してないんです。
LTEを使った月は、定額1,005円とられます。
金銭的に余裕があるなら高速回線を思う存分楽しめるこの機種が良いでしょう。
GMOは月額実質2956円なので、1000円追加でLTEも使えると考えると安いとも言えますね。
この機種はWiMAX2+キャリアアグリゲーション(220Mbps)と、LTE(110Mbps)の超高速コンビで使うのが最も楽しいかも知れません。

 

【Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15】
通常のWiMAX2+(110Mbps)と、WiMAX(13.3Mbps)、
LTE(110Mbps)の3つが使えるよくばりな機種。

WiMAXはカバー範囲が広いのでLTEオプションを使う機会はほとんどないでしょうが、いざという時の為にLTEも使えるようにしておきたいならこの機種です。

kiki_p021-300x254【Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ NAD11
通常のWiMAX2+(110Mbps)と、WiMAX(13.3Mbps)のみが使えます。
3機種の中では最も薄く軽いので持ち運びに便利。
WiMAX2+非対応エリアではWiMAX一択ですが、都市部では問題ないでしょう。

とにかく持ち運びに便利な端末です。

 

キャンペーンの詳細はGMOWiMAX公式サイトへ


big1rank2_aビッグローブWiMAX
キンドルFireプレゼントのキャンペーン
期間限定で18,380相当のキンドルFireHDがもらえる高評価キャンペーン。
タブレットを持ってない方やちょうど二台目が欲しかった方におすすめです。
超高速のWiMAX2+とWiMAX回線がつかえます。大手なのでサポートもばっちりで安心。

ビッグローブWiMAX公式サイト


rank3_a@nifty WiMAX
iPad miniレンタルが熱い人気キャンペーン
ipad mimiが欲しいけどなかなか手が届かなかった方に人気なのが@nifty WiMAX。
月額1円でipad miniを2年間レンタルできます。2年間借りる間、新しいipad miniがでるでしょうからレンタルで十分使い倒せます。
15000円のキャッシュバックキャンペーンも美味しいです。

ニフティWiMAXキャンペーン詳細


sonetrank4_aSo-net モバイル WiMAX 2+
タブレットレンタルor高額キャッシュバックが選べる
最近人気のタブレットレンタルのレンタルか15000円のキャッシュバックか選べるキャンペーン。タブレットはipad miniが月額880円、Xperia Z3なら月額1270円でレンタルできます。
Xperia Z3が借りられるのはソネットだけ。
もちろん通信端末代は無料。専用クレイドルも付いてくるのも魅力。

ソネットWiMAXキャンペーン詳細

 


rakutenrank5_a楽天ブロードバンド
楽天ポイントがもらえるキャンペーンが人気
楽天ポイントをためている方には嬉しいのが楽天ブロードバンド。
最初の3ヵ月間は無料なのに加え、楽天ポイントが3000ポイントもらえます。
データ端末も無料サービス。登録料が3000円かかりますが、楽天ポイントと相殺と考えれば実質無料なのが嬉しいサービスです。

楽天ブロードバンドキャンペーン詳細

WiMAXプロバイダ20社のキャンペーン一覧表

以下の表はWiMAXのキャンペーンを適応した場合の主なプロバイダの比較です。

端末代、初期費用、キャッシュバックキャンペーン等を月額にならして計算してみました。
WiMAXのプロバイダを選ぶ際の参考にしてみてください。

※2015年2月現在 各社のキャンペーンは頻繁に更新されるので必ず公式サイトでチェックしてください。

プロバイダ 月額料金
(税抜)
端末代
初期費用
キャンペーン 最高速度 税込月額
(実質)
Biglobe
sts
3,695円 端末代
2,000円
手数料
3,000円
月額料金
500円引き
110Mbps 4,215円
nifty
nif
3,420円+
ニフティ会費
月250円
端末代
1円
手数料
3,000円
キャッシュバック
27,000円
110Mbps 2,883円
Broad WiMAX
vrst
2,856円 手数料のみ
18,857円
端末代0円 220Mbps 3,933円
GMO
tso
3,609円 手数料のみ
3,000円
キャッシュバック
29,000円
220Mbps 2,727円
UQ WiMAX2+
uq
3,696円 端末代
2,800円
手数料
3,000円
220Mbps 4,158円
So-net
so
3,495円+
会費
月200円
手数料のみ
3,000円
キャッシュバック
15,000円
220Mbps 3,450円
ipad miniレンタル
月額800円
ASAHIネット
adyd
3,610円 手数料のみ
3,000円
4ヵ月間無料 220Mbps 3,383円
MeMO Pad 7
(15400前後)
220Mbps
islink WiMAX
is
2,800円 端末代
9,500円
手数料
3,000円
月額500円引 110Mbps 3,586円
楽天
img-site-id
3,696円 手数料のみ
3,000円
3ヵ月間無料+
楽天ポイント
9,000ポイント
220Mbps 3,222円
ポイントも
現金換算
DTI
dt
3,500円 端末代
19,000円
手数料
5,500円
220Mbps 4,882円
Tikiモバイル
tiki_logo2

3,625円 無料 ギフトカード
6000円分
220Mbps 3,645円
ギフトカード
も現金換算

VOYAGE
vo
3,696円 手数料のみ
3000円
初月無料 13.3Mbps 3,960円
RW WiMAX
rea
3,880円 手数料のみ
2917円
初月無料 13.3Mbps 4,147円
ワイヤレスゲート
wire
3,695円 端末代
1円
手数料
3000円
110Mbps 3,830円
ペパボWiMAX

3,609 無料 ヘテムル
グーペ等
初年無料
220Mbps 3,897円
BBIQ
bb
3,600円 端末代
3,792円
手数料
3,000円
初月無料 110Mbps 4,031円
GREEN WiMAX
frs
4,203円 無料 初月無料 13.3Mbps 4,540円
ドライブ
dr
3,696円 手数料のみ
3,000円
110Mbps 4,126円
ダイワボウ
das
3,696円 手数料のみ
3,000円
220Mbps 4,126円
ノジマ
nojima
3,696円 手数料のみ
2,700円
13.3Mbps 4,113円

220Mbps

※いずれも、WiMAX(下り最大40Mbps),WiMAX2(下り最大110Mbps)対応端末の場合で、契約期間は当初24ヶ月の場合。
※8%税込月額は、初期費用とキャッシュバックを24ヶ月に按分して計算しています。

こうしてみると、プロバイダ大手のGMOがかなり頑張っている事が分かります。
GMOというとAKB48をCMに起用しているお名前コムが有名でプロバイダ業でもかなり攻めている印象。
islinkは、表示された月額では最安ですが、キャンペーンを実質にならしてみると意外に安くなかったのが残念。

GMO WiMAXのキャンペーンが最強すぎる理由を考えてみた

gmo_p2上述のキャンペーン比較表を見て分かるとおり、GMOが他社を圧倒的に引き離しています。
他社のキャンペーンと比較しても月額1000円以上引き離している事も珍しくありません。
ちょっと強すぎて他が比較検討の対象にすらならないんですよね。

なぜGMOがこれほど強いのか私なりに考えてみたのですが、やはり今攻めている企業だという事が大きいのではないでしょうか。
主なITサービスの売上高ランキングでは、18位、増益は26%で伸び盛りの企業です。
参考:主なITサービス企業の売上高ランキング

GMOといってもピンとこない方が意外といるのですが、ブログサービスのヤプログ!、JUGEM、teacupや、バリュードメイン、お名前コム、ロリポップ!などを傘下におさめる超巨大グループ。
インターネット界のコングロマリットとも言われます。

収益の柱が多数あるのでWiMAXにおいてもこれだけ思い切った値引きができるのでしょう。
他方、事業形態があまり広くないところは、なかなかキャンペーンも渋い傾向があると思います。

理由はどうあれこれだけ安くWiMAXが使えるのは本当に助かります。

【LTEとの違い】WiMAXのキャンペーンは多種多様

LTE勢のキャンペーンは月額の値引きがメインですが、WiMAXのプロバイダはキャッシュバックやタブレットのプレゼント、ipad miniのレンタルなど多種多様です。
ほとんどが2年縛り(WiMAXだけの時は、1年契約のプロバイダもあったのですが、最近はすっかり姿を消しました)のキャンペーンなので2年間の値引き分を契約時に一度に還元してくれていると考えると分かり易いです。
2年間の値引き額を現金で受け取るのがキャッシュバックキャンペーン、
商品で受け取るのがタブレット端末プレゼント、という事です。
ちょうどタブレット端末が欲しかったという方にはこういったキャンペーンがおすすめです。
ipad miniに関しては、レンタルしてくれるキャンペーンが幾つか出てきました。
こういった端末は、スペックが時代遅れになるスピードが速いですから、レンタルした方が賢いかも知れませんね。
WiMAXのキャンペーンはこのように非常に多様ですから、自身の求めるものにピッタリ合ったものを選ぶのも比較的容易です。

LTEとの提携で死角なし

WiMAXのプロバイダの多くがオプションでLTEも使えるようになります。
LTEオプションを使えば、通常のWiMAX、より高速なWiMAX2+に加えてLTEが使えるようになります。
LTEはWiMAX2+と速度は同等ですが、通信できるエリアはWiMAX2+よりも広いので、高速(最大110Mbps)で通信できるエリアが広がるというわけです。
通常のWiMAXはエリアが広いのですが、サービスを開始して間もないWiMAX2+のエリアは、まさに拡大の途上なので、通信速度制限があるとはいえLTEが繋がるのはメリットと言えます。
それと意外におそろかにしがちですが、サポート体制も様々なキャンペーンを選ぶ重要な要素です。
WiMAXは端末が届いたその日から、特別な配線もなく接続できるので、初心者の方でも簡単だとは思いますが、何か分からない所があった時、サポートがしっかりしていると非常に助かります。
分からない事を調べる時間はコストでしかありません。
接続等で心配な方は多少高くてもサポート体制が充実している大手プロバイダを選ぶという選択肢もありでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ